FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

朝一番の目覚めのバッハ

先日、私の所属する勉強会で私よりずっと年下の有能な会員と話をしたのですが、彼はずっと夜型人間だったのに、最近なるべく早く寝て、朝なんとNHKのラジオ体操を見ていっしょにやっているというのです。

なんでも、夜中の午前2時、3時まで起きているような生活は寿命を縮めるし、健康にも悪いとテレビか何かで知ったらしいのです。

それで、あらためることにしたら、結構調子がいいとか。どうりで、最近のメールの時間が夜中から朝早くになっていると思った。

「二次会行く?」

と誘えば絶対来た人だったのに、「いやあ、今日は帰ります」

となってしまいましたが、身体を大切にするのは良いことだと思うので、無理にお誘いはできません。

私も夜型はよくないというのは実感としてわかります。

今年に入ってから、橋梁の設計という公共事業がらみの仕事(年度末に増える)が多い夫が忙しく、帰りがいつも午前1時前後ということもあり、私もつい寝るのが遅くなっていました。

でも、寝つきが悪かったり、あっという間に寝ても変な時間に目が覚めたりと、どうも睡眠のリズムがくずれているような気がしていました。

それで、私も「ラジオ体操」は無理だけど、とにかく12時前後には寝て朝は7時前後には起きるということを決めました。

以前は7時間も睡眠時間はとれず、5時間、6時間でずっとやっていましたが、数年前に大病をしたこともあって、なるべく睡眠はしっかりとるようにしています。

 

私は、子育て期間中長い間家族全員のお弁当を作っていたので、起きるのは6時前後、早いときは5時なんてこともありました。その頃はだいたい12時前後には寝ていたので、長年の習慣か12時前後に一番眠くなるピークがあるようなのです。

それを利用して12時に布団に入り一気に寝る、朝は目覚まし時計ですが、なかなかすっきり起きられないこともあるので、枕元にipodを置いておいて、バッハの「管弦楽組曲3番」を聞くことにしました。

この曲は金管楽器が高らかに鳴り響き、弦楽器や打楽器と絶妙なハーモニーをかもし出して、いつ聴いても元気が出る曲です。

第二楽章は有名な「G線上のアリア」ですが、私が聴く第一楽章はにぎやかで管楽器と弦楽器がつむぎだす織物のように微妙にからみあって、何ともいえない宇宙的広がりを感じる曲です。

 

というわけで、最近はいつも朝一番でバッハを聴いて結構調子よく起きています。

若い頃は布団に入ると「バタン・キュー」でそのまま朝までぐっすりだったのに、あれこれ工夫しないと睡眠のリズムもおかしくなるとは・・・。

「年はとりたくないね」

という母の口癖をちらりと思い出す昨今です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する