FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

「高速道路1000円」雑感

民主党が「高速道路無料化」を公約に掲げた時、自民党は「そんなことは無理だ」、「環境重視に逆行する」などと言っていました。

ところが、その自民党がいつの間にか高速道路を一部を除いてどこまで行っても1000円と言い出しました。

「へぇー、ぱくりかい」

と思っていたら、休日だけ、トラックなどは除き乗用車だけと条件がつき、「ETC搭載車だけ」となって政官業の癒着の匂いがプンプンだなと思って、絶対ETCなんか買うもんかと思いました。

それに、次の選挙で民主党が政権をとったら無料にすると言ってるんだから、ETCなんて必要なくなりますよね。

ETCについては、つければ料金は割引になるけれど最初の頃3万円とか4万円とか高価でした。ドライブで1日300キロぐらい走る時もあったけれど、頻度とすれば月に3~4回程度だったし、まあいいかとつけずにずっときました。

また、システムミスなどで料金を間違えて引き落とされたりとかがありそうだなというのもありました。

今回も何故ETC搭載車だけなんだろう、ETCをつけると出る助成金の出所は?と考えていくと、一部の既得権益を持っている天下りの組織などが浮かび上がってきて、この構図にほんとうんざりします。

しかし、ETCを搭載している車とそうでない車との間の料金格差があまりにもひどいのではないですかね。

安く走りたければETCをつけろと言わんばかりの横暴さに、誰も何にも思わないのかなあと不思議です。

ETCを買う買わないは私の自由のはずなのに、強要されているようで腹がたちます。

 

ETCというのは、料金所での渋滞を緩和して現金をやりとりする手間ひまをなくしていくためだと思うのですが、わざわざ高いお金を出してETCをつけなくても、技術的にはいろいろな方法があるというような話もあります。

現金のやりとりがそんなにしたくなければスイカのようなものを使うことだっていいでしょうし、どうしてもノンストップにしたいのなら、国民に負担をかけずにただで配ればいいのに。

だって、道路公団時代にサービスエリア、パーキングエリアの売店などを独占的に取り仕切っていた天下りの組織が、400億円もの余剰金を持っているという話なのですから。高速道路料金をもっと安くするとかして国民に還元するべきですよね。

メディアも、1000円で走れてよかったと喜んでいる人の話ばかりしてないで、その辺の裏事情をもっとしっかりと報道してほしいなと思うのですが、そんなことは望む方がもう無理なんだろうなと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する