FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

うれしいリピーターの登場

私は、商売というものは、いかにリピーターを増やすかが最も大事なことだと思います。

それは社労士も同じこと。

ご縁のあったお客様と末永くお付き合いできれば商売も安定するというわけです。社労士の場合は、スポットで何かのご依頼を受けた後顧問契約をするなんていうのが成功例でしょうか。

でも、私の目標は顧問先をたくさん作るというところにはありません。むしろ顧問を持たずに自由な立場で活動したいというのがあります。

そのことについていろいろ書くと差し障りが出てくる可能性があるので、ブログ上では書けませんが、仲間の社労士には「顧問を持たずに喰える社労士になる」と公言しています。いまだ実現はできていませんが。

顧問だのとは無関係の仕事でもリピーターになっていただくことはできます。

昨年の7月、東京都足立区の市民向け講座をマネージメントしている会社からのご依頼を受けて、講師を務めさせていただいたことは過去記事にしました(参照)

パートタイマーで働く方のための講座で、改正となったパートタイム労働法を中心に労働者の権利についてお話するという内容で、日頃から興味を持って勉強していた分野のことだったので、私にとってはとてもうれしい仕事でした。

とかく硬くなりがちな労働法の話ですが、何とか身近なものとしてわかりやすくお伝えするということに私なりに心をくだいて務めさせていただき、とても思い出深い仕事となりました。

 

参加者の方のアンケートも概ね好意的だったし、足立区の担当者の方、ご依頼をいただいた会社の方々にも「とてもわかりやすくてよかったですよ」と言っていただき、

内心ホッとしたし、ご依頼いただいた担当者の方からは、

「鈴木さんは声がいいですよね」

なんて、思いもよらないお褒めの言葉をいただいて、ちょっぴり気をよくしたりしていました。

その会社はいろいろな自治体の仕事を請け負っているので、また同様の仕事をご依頼いただけるといいななんて実は思っていたのですが、その後そういう話もなく、先週、予備校時代からの友人の社労士に、「単発で終わっちゃったみたい」とちょっとこぼしたのです。彼女も当日忙しい中聞きに来てくれていたので、

「でも、とってもわかりやすくてよかったですよ。ああいうふうにしゃべれる人はなかなかいないんだし、絶対またお声がかかりますよ」と励ましてくれたのです。

 

そうしたらなんと昨日、その時のご担当の方から今年も11月に同じような講座を開催するので、講師を務めてほしいとメールをいただきました。もちろんお引き受けする旨返信しました。

11月とはえらい先の話ですが、役所というのはかなり前から予定を組むんですよね。添付されていたその会社が足立区に出した企画書を見ると、

「労働基準法やパート労働法など、パート労働者の権利を守る法律について、参加者へのインタビューをまじえてわかりやすく解説する講義」の講師として私の名前があります。

 

昨年私がとった「インタビュー形式の講義」という形を評価してくださっていたんですね。その時、終了後の雑談の中で、私は税金のことはうといし専門外なので話せなかったけれど、多分参加者の方はそのあたりも関心が高いと思うので、次回は税理士さんとコラボレーションなんていうのもいいかもしれませんね。なんてお話していたのですが、今回の講座は3回あって、私の前に税理士さんが税金についてのお話をなさることになっていました。

もう1回は「時間デザイナー」なる方がワークライフバランスについてお話するということで、前回の足りない点を補ってパワーアップした講座になっているんです。

私も前回よりもパワーアップした講義ができるように頑張らなくてはと、うれしいリピーターの登場で新緑が目に優しい日となりました。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する