FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

法令は就業規則より優先されます。

私が社労士試験の勉強を始めた時、労働者にとって最も基本的な権利が書かれている労働基準法の内容について、自分はあまり知らなかったなあと思いました。

社労士になった暁にはそれらを一般の方に知らせる活動をしたいと漠然と思っていました。

開業の前後ぐらいに偽装請負などの事件が起き、若い人達が労働基準法を全く知らずに社会に出ている現状は、やはり何とかしたいなあと思い、東京都や埼玉県などの高校に個別に労働基準法の出前講座をやる旨のお手紙を出しました。

随分たくさん出しましたが悲しいかな全く無視されました。

その後、昨年ある会社の方からパートタイム労働者の方を対象とした講座の講師のご依頼をいただき、その時にそんなことをお話しましたら、その方も、

「学校現場はダメですねえ。そういうことについてなかなか門戸を開いてくれませんよ」というような話をなさっていて、それっきりあきらめてしまいました。

先日知り合いの若い女性と話をしていて、ちょっと転職をしたいような話になったのですが、「産休とかちゃんととれない会社だと困るし・・・」なんて言うんです。

「産休はとれるもとれないも労働基準法で産前6週間、産後8週間と決まってるのよ。産前については請求すればとれるし、産後6週間は請求しなくても絶対働かしてはいけないんだよ」

と言うと、「へぇー、そうなんだ、就業規則で決まってないとだめなのかと思った」と言っていて、ちょっと前に車の中で聞くとはなしに聞いていた話と同様だなと思いました。

 

そのラジオでは、「子供が産まれて育児休業をとりたいと思って就業規則を見たら、どこにも書いてないんでうちの会社はとれないんだと思いました。という労働者がいたんですけど、労働者もしっかり勉強して権利を主張してほしいですね」というようなことを言っていたんです。

確かに権利をしっかり主張することも大事だけれど、たくさんある労働法について勉強するのは大変だし、本来は会社側がきちんと就業規則で書くべき事柄なんだしなあなんて思いながら聞いていました。

労働者の皆様、たとえ就業規則に書いてなくても法令で決まっていることは法令が優先されますので、堂々と権利を主張しましょう。厚生労働省のHPを見れば、労働法関係のことについては、パンフレットや法令そのものも確認することができます。ホームページのトップ画面の一番下の方に行政ごとの区分が出ていますから、クリックして分野ごとに見てください。

 

優先効力の順位は法令が第一位です。法令とは、国会で制定する法律ばかりではなく規則や条例なども含みます。次が労働協約。労働協約とは労働組合と会社が協議して決めた内容を文書化したもので、労働組合がない会社は関係ありません。次が就業規則、最後が労働契約ですが、昨年より施行となっている労働契約法により、就業規則よりよい条件の労働契約はそちらが優先されます。

また、就業規則に書いてあることが万能というわけではなく、内容が法令に違反していたり、社会的倫理に照らして著しく反するというような事項については無効とされます。

就業規則は会社の約束事やルールを定めてありますが、労働者の権利のもとは各種労働法にあります。時には会社の就業規則が古くて現行の法令に合致していない場合もあります。納得いかないときには厚生労働省のHPをみたり労働相談コーナーなどを利用して調べてみてください。

私もなかなか思うような活動ができませんが、当ブログで情報発信を続けていきたいと思っています。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009年05月09日(Sat)22:05 [EDIT]


Re: タイトルなし

イソヤンさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。

「読むと元気が出るブログ」と言っていただけてとてもうれしく思います。

育児休業がとりにくいという話はよく聞きますね。
私たち社労士はもっともっとアピールしていかなくてはいけないと感じます。
でも、法律があればジワジワと社会に浸透していくこともあります。
私は、自分のできることを通じて、広く世の中に周知していく努力を続けたいと思います。

お仕事、子育て大変だと思いますが無理をなさらないでお元気でお過ごしください。
何事も「いつかきっと良くなる」と思い続けていれば、必ず少しづつでも変わっていきます。
また、遊びに来てください。

もし、よろしければブログを読んでいらっしゃる他の読者の方にもコメントを公開していただけるとうれしいです。
当ブログはコメント欄も含めて一つのブログと考えております。
勝手ながらお願い申し上げます。

おばさん社労士    鈴木 豊子 | URL | 2009年05月10日(Sun)23:08 [EDIT]