FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

今日は1日社労士会の総会です。

いつもは特に出かける予定や急ぎの仕事がなければ、午前中のんびり事務所に行きブログの更新をするのが日課ですが、今日はこれから埼玉県社会保険労務士会の総会に出かけます。

県社労士会の総会は代議員制で、各支部の所属会員数に応じて割り当てられた代議員が支部代表として出席します。私の支部は9人の代議員を出します。

私は開業1年目の一昨年に、代議員の「補欠」になりましたが、最終的に結局出席しました。

名前を名簿に出すだけで実際には出番がないからと言われて安心していたのに、1人の方が急に病気になり急遽出席したのです。

今年は例会の席で支部長のご指名を受け、ホントは御免被りたいというのが本心でしたが、ぐずぐずしているのもどうかなと思いお引き受けしたのでした。

例年、午前中に社労士会政治連盟の総会があり、お弁当をいただいて午後から県社労士会の総会、夕方終わった後は懇親会と、結局1日がかりのお勤めとなります。

1年目の時は「へぇー、こんな感じなのね」と何もかもおのぼりさん気分で眺めていましたが、それからいろいろなことがあり、社労士会に対しても多少醒めた気分の今年はどうかなあというところです。

ただ、支部代表として私がある質問をしなくてはいけなくなったのです。

それは私が全然興味のないような事項なのですが、発案者の方が忙しくて質問文案を練ったりする時間がないというので、「じゃ、鈴木さん書いて」となり、書いた人が質問した方がいいだろうということになり、私が質問することになったのです。私としては、発案者の方が質問した方がいいと思うんですけれど。

 

「どうせ鈴木さんに質問させるならもっと鈴木さんがはまる質問をさせりゃいいのにねぇ」と、気のおけない先輩社労士に言われるようなことで、実は私もちょっと気が重いんです。

でも、「私なんか、発案したのも文章書いたのも全然別の人だったけど、支部の代表だからっていうんで、ただ読んだだけって感じで質問したのよ。去年の〇〇さんも△△さんの考えたことを質問したのよ」なんて、先輩から言われ、代議員なんだから仕方ないかと思っています。

予備校時代から仲良くしている他支部の社労士も代議員になったので、その人と会って話しができるという良いこともあります。

懇親会には、選挙が近いので埼玉県選出の議員さんたちもたくさん来ることでしょう。

では、行って来ます。

 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する