FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

高速道路1000円の拡大にうんざり

このところの「土日高速道路1000円」の影響のせいか、土、日は一般道でもやけに車が増えたと感じています。

私は、親族が住んでいる関係で、埼玉県から荒川を越えて東京都下に車で行くことがあるのですが、以前ならスイスイ行けていた裏道まで何台も車が連なるようになりました。

政府がこの政策を発表した時に、民主党が高速道路を無料化するとか、ガソリン税の暫定税率を撤廃するとか言っていたときに、「環境問題に逆行する」と反対していたくせにねぇと思いました。

しかも、ETC搭載車だけと聞いて、ETCが増えると儲かる仕組みになっている天下り団体のための政策かいと白けました。

それで、絶対にETCなんかつけるもんかと決めて今日まできました。

そうしたら、8月は一部平日も同様にすると言うではありませんか。

一体、政府は何がしたいんだろうと疑問です。

この政策は極めて不公平だと私は思います。

ETCをつけていないがために何倍もの高い料金を支払わされ、おまけに渋滞を甘受しなければならない。1000円で走れる人は安いから我慢しようと思えるかもしれませんが、そうでない人にとっては踏んだりけったりですよね。

ちょっと前にラジオでプロドライバーの方が、渋滞のため時間の予測がつきにくく非常に仕事がやりにくくなった。おまけに、今まで高速道路などあまり走ったことのないようなドライバーまでやって来るため、マナーも悪く危険すら感じて困っているという話をしていました。あまり、表にはでませんが、事故も増えているのではないかと語っていました。

もし、それが本当だとしたら、政府には誰のための何のための政策なのかよく説明していただきたいものだと思います。

 

そして、1000円で足りない料金については税金がつぎ込まれているのです。私は知らなかったのですが、これにより売り上げが減っているフェリー業界にも支援のために55億円が補正予算で計上されているのだそうです。

あっちにも、こっちにも税金をばらまいている割には、環境のため公共交通機関を利用して移動する人には何の恩恵もないのですから、不公平だなあと思います。

チマチマとばらまいている税金を年金、介護、少子化のどれか一つでもいいからどーんとつぎ込めば、先行きの不安感はかなり緩和されるのではないかと思うのです。その三つは連動している面がありますから、どれか一つでも解決されると他の二つにもよい影響を与えるはずです。

今、みんながお金を使わないのはボーナスや残業代が減ったということもあるでしょうが、この先どうなるのかわからない不安感があるからだというのは、いろいろな人がいろいろなところで言っているのに、何で、こんな政策しかとれないのかなあと不思議ですね。

とりあえず、選挙の行方を見定めるまではETCなんか絶対見向きもせず、できるだけ車で遠出するのもやめようかと考えています。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する