FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

「早く選挙やってよ」という意思表示? 都議選結果

決断するべきときに決断できないと、結局最終的ににっちもさっちもいかなくなるというのが世の常だと思います。

昨年、麻生首相に変わったとき、小泉元首相の勝ち取った票をバックに首相になり、それも投げ出した人が2人も続いた後なんだから、当然すぐ解散選挙するんでしょと思っていたら、全然そんなことはなく、2兆円のばら撒きについても国民の信を問うのが当たり前と思っていたら、やっぱりやらず・・・。

「私が決めます」と聞かされ続け、結局決められないじゃん、うんざりだねというのが私の感想です。

多分、同じような思いの都民も多かったのかなというのが昨日の都議選結果です。

政権交代もいいかもしれないという流れができつつある中、なかなか選挙がないので国政とは違う選挙でも行って意思表示しとこうというのがあったのでしょうか。前回より10ポイント以上投票率が上がったところをみると、やはり「投票したい」という人が増えたということになるのでしょう。

私は東京都民ではないけれど、東京で生まれ育った元都民として、また自分の身内に都民が多い、今後の政局にも影響がありそうということもあり、昨日は都議選の開票速報をしっかり見てしまいました。

最近は出口調査でかなり早々と数字が出ますが、最初に見たとき、自民党の当確者が民主党のそれの一割ぐらいしかなかったのにはちょっとびっくりしました。相当民主党に流れが傾いているということですから、既得権益を守ろうとして民主党の足をあれこれ引っ張っていた、又は引っ張ろうという人たちも、かなりがっくりきたんではないでしょうか。

朝、ラジオを聞いていたら「やはり有権者が行動を起せば変わるんですねぇ」と解説の人が語っていましたが、本当にそうだと思います。まずは選挙に行くということですね。

 

東京には新銀行への公的資金のつぎ込みや、築地市場の移転問題などの注目すべき問題があり、今後はそれがどうなるんだろう。民主党はマニフェストを実現できるのだろうか、とか「野次馬」のおばさんとしては興味があります。

買い物や散歩、映画、コンサート、美術館と東京にはしょっちゅう行きます。私と同じく東京で育った夫は、自分が子どもの頃から結婚するまで住んでいた〇〇区にまた住みたいなんてことを最近言います。土地代が高いですから絶対に無理だと思いますし、私は埼玉はいいところだと思っているので、このまま埼玉県民でいると思いますが、ずっと東京の動向には注意することになりそうです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する