FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる14年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

社労士試験監督者会議に行く。

今年も年に一度の社会保険労務士試験の季節がやってきました。

社会保険労務士試験は国家試験ですが、試験を取り仕切るのは全国社会保険労務士会連合会で、試験会場のある地元の社会保険労務士会が実働部隊となります。

埼玉県でも、会長以下、役員、各支部長が実施本部を編成し、各支部から支部長の推薦を得て任命された試験室の監督者が試験に関与します。

私は自分の原点を思い起こすため、毎年手を挙げて監督者を務めさせていただいています。今年でもう3回目になりました。年々、当日の早起きが辛くなるので、今年最後にしようかななんて思っています。

今年の受験申込者は過去最高の67,500人と発表されています。埼玉県でも例年獨協大学で行われるのですが、今年は受験生が多く、急遽もう1箇所県内に受験会場を用意したそうです。そちらは他の県会で担当するとのことでした。

昨日、試験に関与する会員約150人が一堂に会して説明会が行われました。

私の隣に座った他支部の勤務社労士の方は、今年初めて試験監督をなさるということで、

「ここにいる人ってみんな社労士なんですよね。へぇー、すごーい」

なんて、ほほえましいことをおっしゃっていました。

確かに、普段社労士会に来る機会が少ない勤務登録の方だと、そんな感想をもたれるのかもしれません。

 

1人9,000円の受験料は全国社会保険労務士会連合会の収入として計上されますから、いわば受験生はお客様です。

失礼のないように振舞うとか、間違っても社労士会に対して悪い印象を持たれたりなどしないようにと、いろいろな注意が与えられました。

男性は暑いので上着はなくてもよいが必ずネクタイは着用とか、女性はミニスカートや襟ぐりの開いたブラウスなどは禁止とか、服装にもチェックが入ります。

大事なのはコツコツ音のする靴をはかないということですね。試験室を巡回しますから受験生の迷惑にならないように配慮しなければなりません。

広い試験会場を移動しますから、スニーカーをはいてくる会員も多いです。

私は昨年に引き続き試験室内における責任者である監督主任者を務めます。

受験生の皆様に最大限実力を発揮していただけるように、心を配って任務を全うしたいと思います。

受験生の皆様、後2週間あまり、新しいことはもうやらず今までの基本のキみたいなところをしっかりと復習しましょう。暑さに負けずベストコンディションで試験に臨んでください。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

時々拝見しています!!

2009/08/06
 久々にブログを発見(お気に入り等に未登録だったため)したのでコメントします。受験時代から時々拝見しています。自分は、平成19年合格、平成20年9月1日付で登録開業しました。鈴木先生と同じく、合格→事務指定講習→開業というコースを選択して現在に至っています。所属は、香川県です。今年初めて、四国地区の試験監督者としてデビューします。まだまだ、新米です。よろしくお願いします。

井川 一清 | URL | 2009年08月06日(Thu)10:40 [EDIT]


頑張ってください。

井川様
コメントありがとうございます。

試験監督は遅刻はできないし、急に休むことも難しいので、受験生と同じく体調管理には気をつけてください。
受験生のときから来てくださった、なんてお話を聞くととてもうれしく感じます。
これからもお暇な折にいらしてください。
四国の社労士会のことなど教えてくださいね。

おばさん社労士 | URL | 2009年08月06日(Thu)11:25 [EDIT]