FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

労災における通勤災害

先週、労働者災害補償保険法の概略について書きましたが、業務上のけがや病気だけではなく、通勤における負傷なども、労災で補償されます。


労働基準法では、通勤についての傷病についての補償義務はありませんが、業務をするために通勤をするわけで、その間の傷病等については業務上の疾病等に準じて補償してあげましょうという趣旨です。


通勤の定義については、社労士試験で度々問われていますので、受験生は頭にたたきこまなければいけません。就業に関し、住居と就業の場所を、合理的な経路及び方法により往復することを言います。業務の性質を有するものを除くものとします。

即ち、出張の行き帰りや、休日に緊急事態が発生して会社に行く途中の事故などは、業務の性質があるとして業務災害となります。また、駅から会社の送迎バスに乗って職場へ行くような場合、バスに乗った時点で業務の性質があると解され、途中の事故については業務災害となります。


業務災害と通勤災害の違いは、業務災害は全面的に事業主に賠償責任がありますが、通勤災害については事業主に責任がないというところが違います。どちらも労災でカバーされるのですが、休業補償などは最初の3日間について労災の補償がないので、業務上の災害であれば、事業主が補償しなければなりません。。また、事業主が安全管理を怠っていて大きな事故になった場合など、場合によっては労働者側は損害賠償を請求することもできるのです。


通勤の経路をいったん外れる、または中断してて何か用事を済ませてから、本来の経路にもどった場合は、原則としては外れている間ももどってからも通勤とはなりません。以下の例外があります。


日常生活上やむを得ない行為として、


①日用品の購入、その他これに準ずる行為、②職業訓練や学校教育法に規定する学校に通う、 ③選挙権の行使その他これに準ずる行為④病院、診療所、での治療行為等


が挙げられます。これらの行為については本来の経路にもどった時点で通勤と認められます。はずれている間についての事故については認められません。


日常生活上のやむを得ない具体例としては、床屋、美容院、クリーニング店、惣菜店に寄る、経路付近の公園のトイレに入る、経路上で手相を見てもらう、経路上の店でごく短時間、お茶、ビールを飲むなどがあげられています。要するにごく短時間の逸脱、中断なら認められますが、じっくり腰を据えて飲み食いしたりすると認められません。


住居については、一戸建ての敷地の中は私有地で通勤経路の外ということになります。例えば、出勤しようと玄関を出たところで転んだとしても通勤災害とはなりません。家の門の中は通勤経路外とみなされます。アパートについてはドアを出た所から通勤の経路と認められます。また、友人宅に泊まり直接出勤したなどいう場合は、本来の住居とは認められず通勤災害とはなりません。


似たような例で、入院中の夫の看護のため、姑と一日おきに寝泊りしていた妻が、病院から出勤する途中に転倒した例は、病院が「住居化」しているとして、通勤災害と認められました。


通勤災害と認められれば、業務災害に準じた補償が得られます。治療費については200円だけ自己負担がありますが(負担しない場合も一部あります)、その他は無料になりますし、休業手当、障害や死亡についての給付も受けられますので、通勤中の事故については会社に申し出て、しっかり補償を受けましょう。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する