FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

理解されていない就業規則の重要性

昨日、ある筋から頼まれてある法人の就業規則についてのご相談を受けました。

現在の就業規則は10年以上前に作成されたもので、読んでいても意味がわからないような記述があり、ちょっと見てくださいということで拝見しましたが、さすがに古いのでつっこみどころが満載という感じでした。

具体的な内容は守秘義務があるので書けませんが、私がいつもこの種のご相談をお受けして感じることは、皆様経営者もしくはそれに近い方なのに就業規則の重要性を全然理解していらっしゃらないということです。

「ネットでひっぱれるとこ(ダウンロードできるサイト)はないですか?」

とか、ネットで雛形をひっぱったけど、うちの会社は有給休暇以外の休暇はいらないから全部削除しましたと、育児休業とか、介護休業の項目を全部二重線で消してあったりしたのを見せられたこともありました。

「これは法律で取得が認められている休業ですから、会社の裁量でなしにするというわけにはいかないんですよ」

と言うと、

「へぇー、そうなんですかー」とびっくりされたりしました。

経営者たるものもっと労働法に関心を持って勉強していただきたいなあと思います。自分が勉強などする時間がないのなら専門家(社労士等)にアドバイスを受けるというのは当然の帰結だと思うのですが、税理士に関してはそうなっていますが、社労士に関してはなかなかそういう認識が持たれていないですね。

 

何故なのかなあと思います。

社労士会が組織としてPRしてこなかったということもあるでしょうし、労働法の違反に対するペナルティが実効性を伴っていないということもあるでしょう。労働法を違反することについて経営者はあまり重大なことと考えていないように思います。はっきり言ってなめてるのですね。

「知りません」「わかりません」でも何とかなってしまうということが大きいのでしょう。

労働組合などがあればまた違うのでしょうが、中小企業には労働組合もない所が多いでしょうし・・・。

私にできることは、相談を受けるような時には知識と情報を惜しみなく差し上げることです。皆様、「そうなんですか。全然知りませんでした」とおっしゃいますが、経営者に有利な情報もたくさんあるので、喜んでいただける時もあります。

こうして、地道に専門家に相談するのはよいことなんだということを理解していただくしかないんだろうなと思います。

 

就業規則に限って言えば「いくらぐらいで作っていただけるものなんですか?」とのご質問も多いですが、「内容にもよりますが、最低限のもので〇万円ぐらいです」と言っただけで何となく引いてしまう方もいらっしゃいます。〇万円は私としては随分安い値段を言ったつもりですが、その価値を理解していらっしゃらないんだろうなあと思います。

これもまた、地道に仕事をこなして「〇万円出しても就業規則作ってよかった」と思っていただくしかないのでしょうが、その前にご依頼いただかないことにはいかんともし難いなあと考えてしまいます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する