FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

学びあうことの喜び

社労士になるということは社労士会に登録して会員になるということです。

全国社会保険労務士会連合会に会員として名前が登録されない限り、社会保険労務士を名乗り仕事をすることができないことに法律上なっているからです。

というわけで社労士は皆社労士会の会員なのですが、当ブログで何度か書いたことがあるとおり、会に対するスタンスは会員により様々です。

積極的に関与して役員などを引き受ける方、そこまでではなくても例会や行事に積極的に参加していく方、他方、支部の例会などにも一切顔を出さず、全く無関係に会費だけを支払う方、研修会や何か仕事に結びつきそうな場合などだけ顔を出す方等、等、いろいろですね。

それは個人の考え方ですから私がとやかく言う問題ではありませんが、私が自分でよかったと思うのは、やはりある程度支部の行事などに関与して先輩方とお知り合いになれたこと、また、埼玉県会の自主研究会に所属して他の支部の先輩方と親しくなったことです。

社労士の専門とする分野は社会保険関係、年金、労働保険、労務管理、労働法関係と多岐に渡っています。

ひとりで全てオールマイティにやるなんてことはほぼ不可能です。よしんば猛勉強で頭に叩き込むことができたとしても、現実に行政の窓口で届出をする時にどんな手続で添付書類は何?なんてことになると、いろいろ書籍はありますが、その窓口独特の「ルール」があったりして結構まごついてしまうのです。

そんな時に頼りになるのは先輩会員ですね。

私も年金のこととか、その他いろいろわからない時には先輩に聞いて教えていただいています。皆さん、とっても親切丁寧に教えてくださいます。知識を出し惜しみする人なんて1人もいません。たまに労働法関係のことなど私が聞かれるときもあります。そんな時には先輩方を見習って自分の知りうる最新の知識と情報をご提供しています。それにより自分も随分学ばせていただいています。

 

先日、所属する研究会で来年行われるための発表会のプロジェクトチームの会合があり、メンバーと喫茶店での打ち合わせを済ませ、その後お酒が入っての二次会と例によってにぎやかに楽しい一時を過ごしました。

その席で、他支部の先輩が先輩の支部で過日開催されたその支部会員を対象とした研修会の資料をコピーしてみんなに配ってくれました。年金についての資料で発表会でやることとは全然関係のないことなんですが、これがまた実によくできた資料なんです。

 

講師はその先輩の支部のベテラン会員ということのようですが、「企業実務担当者への年金アドバイス・ポイント」という題名で、最近の年金問題から届出のこと、適用となる事業所やパートタイマーの扱い、賞与届け、退職した資格喪失月、役員報酬の扱いや育児休業関係、在職老齢年金など、企業の実務でややっこしそうなところが、全部でA4にして10ページぐらい(実際にはA3の用紙を使っていました)簡潔明快に表現されているのです。

特に60歳からの働き方、働かせ方と題していくつかのケースをシュミレーションして表にしている資料はとてもよく考えられて作られているなあと感心しました。

〇〇支部、なかなかやるねえと思いました。

そして、こんな資料を分けてくださって「いっしょに勉強しようね」というオーラを出してくださる先輩に感謝しました。

みんなで学ぶって楽しいです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する