FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

花は友達

オレンジ色のバラ 先月の結婚記念日に娘にもらった花かご(参照)を1度で終わりにするのはもったいなくて、花が枯れるたびに入れ替えたりしていましたが、葉っぱも含めてすっかりだめになったので、花かごだけそのままで全て花を入れ替えてアレンジし直ました。

写真は事務所に置いた花かごをちょっと上から撮ったものです。

最初にもらったときに入っていた花は、バラが中心にアレンジしてありましたが、都心のデパートの花屋さんで買ったとのことで、さすがにモダンな雰囲気の色使いで、紫色のバラが入っていたりして、どちらかというとシックで大人っぽい色使いがされていました。

今度はバラはバラでも明るい雰囲気がいいかなとオレンジ色のバラを中心に花かごを作ってみました。

事務所の窓際のキャビネットの上に置いてみたら、そこだけびっくりするほどパァーーっと明るくなって、オレンジ色の威力を感じました。

 

花言葉を調べてみると、オレンジ色のバラには「無邪気」、「さわやか」、「信頼」、「元気を出して」なんていうのがあって、匂いがきつくないものだったら病気のお見舞いなんかにピッタリの花なんですね。

バラはいろいろな色がありますからついでに花言葉を調べてみました。

赤はやはり「情熱」で恋人に贈るのにふさわしい色なんですね。

白は「純潔」、「尊敬」とありますからアクセントになる色合いの他の花と合わせて、目上の方に贈るなんていうのがいいかもしれません。

黄色は「嫉妬」、「気まぐれな愛」、今はやり?の「友愛」なんていうのもあり、いろいろな花言葉があることになってました。

よく見かけるのはピンクのバラですが、こちらは「温かい心」、「感謝」、「満足」などで、御礼や友人へのさりげないプレゼントにふさわしいのかなというイメージです。

ついでに紫は、「誇り」、「気品」とありまして、なんかわかるような気もしますね。

美しい花というのは見ていて飽きないし、心和やかにさせてくれるので私にとっては生活の中の大事なツールです。物言わぬ友達といってもいいかもしれません。さて、「友達」に霧吹きで水をかけてあげて、ついでに元気をもらいましょう。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する