FC2ブログ

おばさん社労士の発信基地 きぼうという名の事務所です。

開業してからまる13年「発信する社労士」を目指して「独立独歩」「自主自立」の活動をつづるブログです。

就業規則の賞味期限は?

私がアドバイザーとなっている労働契約改善事業の一環で、来年1月、地元の商工会議所で就業規則に関するセミナーをやらせていただくことになっています。

この事業は全国社会保険労務士会連合会が厚生労働省から委託を受けた事業で、個別労使紛争防止のために中小企業の事業主の皆様に就業規則の重要性についてご理解いただくという目的があります。

1時間という限られた時間なので、セミナーというには程遠いかなとも思いますが、時間を有効に使ってご参加の方々に少しでも有意義な情報をお届けしようと、昨日から当日お配りする資料を作成し始めました。

私の最も得意分野であり、開業以来経験も積んでいますし、以前、所属する自主研究会のメンバーといっしょに就業規則関連の小冊子を執筆したこともありますから、手持ちの資料等も豊富にあります。

こういう資料というのはページ数が多すぎるとうんざりするし、少ないと味気ないしということで、過不足なく要件を伝え、見栄えもよく見やすくわかりやすくしようとすると、いろいろ考えなくてはいけません。

こういう資料を作っていていつも思うことは、私ってこういう作業が好きなんだなあということです。

やってて全然苦にならないし、どんどんのめりこんでしまいます。

というわけで、昨日は気がついたら夜7時を過ぎていて、あわてて帰ってご飯の支度をして、なんてことで、夕食が9時近くになってしまいました。

子どもがいた頃は夕方は何かと気ぜわしく大変でしたが、気楽な夫婦2人暮らしになって、自分のしたいこともできるんだなあと思います。

 

さて、資料を作りながら、やはり就業規則の見直しについてのご説明は必要だろうと、ここ数年の法改正の主なものを書き出してみましたが、かなりありますね。

労働基準法(平成16年、解雇の規制、解雇理由の明示など) 、

育児・介護休業法(平成17年、子の看護休暇等)、

労働安全衛生法(平成18年長時間労働の労働者の医師による面接)

改正高年齢者雇用安定法(平成18年、65歳までの安定した雇用確保)

改正男女雇用機会均等法(平成19年、募集・採用に係る差別禁止、間接差別の禁止、婚姻、妊娠、出産を理由とする差別の禁止、セクハラ対策の義務化等)

改正パートタイム労働法(平成20年、雇入れ時に昇給、賞与、退職金の有無の明示、待遇決定の説明義務、通常の労働者と同視すべき短時間労働者に対する差別的扱いの禁止、正社員への転換措置の義務化等)

労働契約法の新設(平成20年、権利の濫用禁止、使用者の安全配慮義務、就業規則の不利益変更の要件、等)

来年以降も労基法、育児・介護休業法の改正があります。

その他にも個人情報保護法(平成17年より施行)、公益通報者保護法(平成18年より施行)など、目配りしなくてはいけない法律もあります。

これだけ改正があったということは、関連して施行規則、告示、通達などが出されますから、ここ5年ぐらい見直しをしていない就業規則というのは、私からすると「つっこみどころが満載」の「賞味期限切れの就業規則」ということになります。

さて、セミナーではどんなお話をしようか、楽しみながら考えています。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する